2014年12月30日

多分、今年最後の更新だと思います

今年もあと一日ということで、今年最後の更新になると思います。

まずはpixivの方も含め、見てくださった皆さま、
コメントのやりとりをさせていただいた皆様に感謝です。

発作的に始めたpixivですが、意外な反応があったりで
いろいろ勉強になる一年でした。

漫画作品よりも一枚絵が中心の活動となった一年ですが、
来年はもう少し戦略的に作品を作っていくことができたらと思います。

*

ということで、今年の最後・・・となるのかな?

「fantasy-esque」
20141229_wizardry_010_S.JPG
いんちきファンタジーの試みです。

GIMPによるデジ塗りと背景の作りこみをきちんとやってみようかと
思って作りました。

「戯れ描き:Holy Smoke」
20141229_holysmoke_010_S.JPG
ガラスペンによるスケッチです。

割とシンプルなタッチで作ってみようかと思ったものです。
年末なのにそぐわないCureの"Disintegration"ばかり
ずっと聴きながら作業してました。

*

では、来年もよろしくお願いします。
posted by amleth machina at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月27日

「O嬢の物語」のDVDを久々に観ました

先日、ジュスト・ジャカン監督の
「O嬢の物語」のDVDを見つけたので
久々に観ました。

ポーリーヌ・レアージュ作、澁澤龍彦訳の原作が好きです。
ちょっと原作の解釈が自分と違うかなとも思いますが
イメージの作り方、なによりコリンヌ・クレリーのOが
すごく好きなのです。

考えてみたら、この監督は
「グエンドリン」(邦題は「ゴールド・パピヨン」)を撮っていて
これも好きな作品なのですよね。

好きな作品だということを再確認しております。

*

「カベドン!ダイカイザー」
20141227_dykizerwallatack_010_S.JPG

飛翔掘削さんのとこの巨大ロボットダイカイザーと
甲殻怪獣娘ヴァラガロンで壁ドンやってみました。

「カベドン!ダイカイザー」というタイトルで
「ウルトラファイト」みたいなダイカイザーと怪獣娘が
格闘するだけの帯番組風の連作短編があったら
面白いんじゃないかと馬鹿な思いつきから始めました。
で、毎回の目玉がシチュエーションを変えての
ダイカイザーの壁ドンだ・・・なぞと
つらつら妄想してたりするのです。

「祈り」
20141227_prayer_010_S.JPG

着色したジェッソに銀筆のスケッチです。


posted by amleth machina at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月22日

青空にとおくさけび〜たい!

先日、BOOK-OFFで偶然見かけた安永航一郎の
「青空にとおく酒浸り 1巻」が下らなさすぎなので購入。

実は「県立地球防衛軍」からの
安永航一郎ファンなのです。

漫画雑誌をあまりチェックしてないので
リアルタイムな動向に疎いのですが、
偶然見かけた安永航一郎が元気なので
ちょっと嬉しかったりします。

なんというか主人公、小朝のお父さんが
鬼畜系キャラでぶっとびまくっています。
しかも、ほとんどストーリーの縦糸にもなっていない
マイクロマシンの設定がでたらめなくせに、
ハードSFファンのツボをおさえているところが
素晴らしいのです。

あと、どこかのブログでも指摘されていたのですが
女の子の絵柄がアップデートされていて、
もちろん安永航一郎のミョーにデッサンのおかしい
ヘンチクリンなポーズは健在なのですが、
最近の萌えも意識してるんだろうな・・・という
ところが、これまた素晴らしいのです。

「野放し系」という評価がされている
安永航一郎ですが、続巻がしばらく楽しめそうです。

*

「ボツ下書き:いんちきハイファンタジーの試み」
20141222_highfantasyesque_010_S.JPG
先週、いんちきハイファンタジーのスケッチを
つらつら作っていました。

一枚絵の形でまとまるかな・・・と思い、
スケッチをおこして下書きまで作ったのですが
あまりにクリシェが過ぎるのでボツにしたものです。

けも耳戦士なヒロインって、どうかななんて思って
作った設定なのです。


「戯れ描き:少女」
20141222_sketch_010_S.JPG
着色したジェッソに銀筆のスケッチです。

posted by amleth machina at 02:06| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月07日

「梟の眼」


久しぶりにハイファンタジーづいており
パトリシア.A.マキリップの短編集
「ホアズブレスの龍追い人」
を購入。ちまちま読みながら楽しんでます。

山岸涼子装画の「イルスの竪琴」シリーズからの
マキリップ・ファンです。でも、世の中にいつの間にか
ハーレクイン・ロマンス風かラノベ系ファンタジーばかりに
なってしまい、ファンタジーというラベルの冠された小説自体
避けるようになっていました。

でも最近、ちょっとしたきっかけがあって、
自分の琴線に触れる作品を地道に探すようになっています。

*
20141207_masquerade_010_S.JPG

さて、「梟の眼」ですが、タニス・リーの「月は仮面」が
きっかけなのですが、レオノール・フィニの仮面と
「O嬢の物語」がモチーフとして入ってます。

ラフスケッチをおこした時点でペン画にしようか銀筆にしようか
悩んだ末、銀筆にしました。

ここのところ、作風とか色々ヘンに悩んでいました。
自分でも理由がよくわからないのですが
今回はちょっと悩むことなく線がひけて、
ちょっとスッキリしております。

posted by amleth machina at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まさか枢軸国の再来を・・・

まさか枢軸国の再来を心配するなんて思ってもいませんでした。

きたる選挙ですが、あちらこちらで言われているように
「枢軸国としての大日本帝国と戦後民主国家としての日本国のいづれかを選択する選挙」
なのだよなあ・・・という感を強めています。

おまけに、まさかの「白票という意思表示」とか
投票行動に影響を与える「自民300議席」なぞという
与党にとって都合のいいだけのプロパガンダばかりがされており
本気で現在の日本というのは、戦時中の日本と全く変わってなかったんだという
思いです。

なので小選挙区では自分の政治ポリシーとは関係なく、自公以外の勝てそうな候補に・・・
そして比例では共産党に投票しようと思っています。
国際社会において民主主義の敵として認知されている安倍政権に対する
意思表示としてはそれしかないかな・・・と思うのです。

少なくとも白紙も棄権も大日本帝国再来以外の何者も意味していないので
ありえないと思う今日このごろです。


posted by amleth machina at 03:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 意見には個人差があります・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「狐火」

先日piaa様のところで紹介されていた「ニッケルオデオン青」を購入しました。

piaa様が言うほど「絶賛」・・・とはいきませんでしたが、
ショートストーリーとして世界を切り出す手際に対する感想は、ほぼ同意です。

読後の不完全燃焼感はどちらかというと作者の世界観、持ち味に対して
どう思うか・・・といことなので、自分が不満だったとしても作品としての
評価に影響するものではありません。

単に「ニッケルオデオン青」を手放しで絶賛するのは、自分でものを作っている
人間としてはかなり不味いかな・・・と思っただけのことなのです。

*
20141206_kitsunebi_010_S.JPG
毛筆にデジ塗りする試みです。

背景には「落とし水」を使用しているのですが、アプリとして使用可能な
筆のサイズが、解像度に対して小さすぎたのでいったん小さめのサイズの
キャンバスを作成して、拡大したものを背景に使用しています。

和モノで怪談風のイメージを狙ってみました。
自分の中ではラフカディオ・ハーンが澁澤龍彦っぽいイメージを展開したら
こんな感じ・・・なんてことを考えながらレイアウトを決めていました。

獣姦的なイメージを読み取って下品だと思っていただいたら幸いです。
いつも自己検閲的なことを無意識にしてしまっているので、かなり下品な
イメージに仕上がればいいなと思いながら描いています。
もっと穏便な構図もあったのではないかと思うのですが・・・。

本当はねこ助さんみたいな感じをねらったのですが、そもそも毛筆で
原画を作成した時点で違ったような気がします。

posted by amleth machina at 02:35| Comment(0) | TrackBack(0) | memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。