2014年12月22日

青空にとおくさけび〜たい!

先日、BOOK-OFFで偶然見かけた安永航一郎の
「青空にとおく酒浸り 1巻」が下らなさすぎなので購入。

実は「県立地球防衛軍」からの
安永航一郎ファンなのです。

漫画雑誌をあまりチェックしてないので
リアルタイムな動向に疎いのですが、
偶然見かけた安永航一郎が元気なので
ちょっと嬉しかったりします。

なんというか主人公、小朝のお父さんが
鬼畜系キャラでぶっとびまくっています。
しかも、ほとんどストーリーの縦糸にもなっていない
マイクロマシンの設定がでたらめなくせに、
ハードSFファンのツボをおさえているところが
素晴らしいのです。

あと、どこかのブログでも指摘されていたのですが
女の子の絵柄がアップデートされていて、
もちろん安永航一郎のミョーにデッサンのおかしい
ヘンチクリンなポーズは健在なのですが、
最近の萌えも意識してるんだろうな・・・という
ところが、これまた素晴らしいのです。

「野放し系」という評価がされている
安永航一郎ですが、続巻がしばらく楽しめそうです。

*

「ボツ下書き:いんちきハイファンタジーの試み」
20141222_highfantasyesque_010_S.JPG
先週、いんちきハイファンタジーのスケッチを
つらつら作っていました。

一枚絵の形でまとまるかな・・・と思い、
スケッチをおこして下書きまで作ったのですが
あまりにクリシェが過ぎるのでボツにしたものです。

けも耳戦士なヒロインって、どうかななんて思って
作った設定なのです。


「戯れ描き:少女」
20141222_sketch_010_S.JPG
着色したジェッソに銀筆のスケッチです。

posted by amleth machina at 02:06| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。