2016年07月09日

ヴィヴィアン・ウェストウッドが三宅洋平への応援メッセージを出してた。

ヴィヴィアン・ウェストウッドが三宅洋平への応援メッセージを出してた。

これ、本気ですっごいことだと思う。ちょっと自分の中でいろいろなことが後押しされたような気がします。 「ヴィヴィアン・ウェストウッドから三宅洋平へ https://youtu.be/J3h6Yd9UiBI

やはり、ヴィヴィアン・ウェストウッドはクリエイターとして尊敬すべき人だと
あらためて思い知らされました。



posted by amleth machina at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 生存本能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

賢者は歴史に学ぶが、愚者は経験からしか学ばない。しかし日本人は経験からすら学ばない。

明日は参議院選挙なのですが、本気で国際的にも後世の歴史家からも
弾劾される選挙になることを懸念してます。

何を大袈裟な・・・と言われる向きもあるかもしれません。
でも、安倍政権ははっきり「国民主権、基本的人権、平和主義」を廃止しない限り
自主憲法ではないと明言してます。
(これは稲田朋美の日本会議でのスピーチ動画として普通に見ることが出来ます)

最初に改憲するといっている緊急事態条項はナチスドイツや大日本帝国の
国家総動員法よりも無制限に政府が施行でき、かつ行政が勝手に立法できる
民主国家としてありえないものです。

もしかしたら、野党は駄目駄目だから・・・という方もいるかもしれません。
でも、どんなに駄目でも憲法というルールを最初から守るつもりもないし、
自分達の都合のいいルールに勝手に書き換える党よりはましです。
というより、現在の自民党はそもそも立憲主義国家の政党としての資格は
ないと断定します。

憲法改正は争点ではないといわれる方もおられるかもしれません。
しかし、公約の後の方に小さく詐欺師の約定条項みたいにコソっと書いています。
おまけに憲法改正は立党以来の党是なのであえて争点にする必要もないとも
明言してます。

第二次安倍政権以降の国政選挙では常に争点を経済だと言いつつ、実際に
強行採決したのは特定機密保護法であり、集団的自衛権の憲法解釈の変更
だったのです。またTPP反対といいつつTPP締結に邁進しています。

これだけ信用のできない自民党に議席を与えるということは、
選挙民は過去の事例に全く学ばないということです。

自分は独裁的政権に精神的にも物理的にも殺されたくはないので
改憲勢力と呼ばれる政党を排除した中から選ぶつもりです。

少なくとも国民の首を締め付けているような自民党に投票するような
どMではありませんので・・・。

(本エントリのタイトルは自分の尊敬するブログの文章から拝借しました。)

posted by amleth machina at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 生存本能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。