2014年10月13日

技法的なことの確認です

少し、技法的な要素の確認のために仕上げた二葉です。

「戯れ描き:おおかみ」
20141013_zarekaki_010_S.JPG

最近、羽根ペンを使って何作か仕上げてみたのですが、
毎週末、ペン先を調整するところからペン入れをしていました。

一週間、羽根ペンを放っておくことで、
ペン先の状態が変わってしまうのか確認するために
調整なしで戯れ描きしてみました。

下書きなしでA4のコピー用紙に描きなぐったものです。
調整なしで使用しても特に問題はないので、
やはり最近のプレパレーションした表面で羽根ペンを使用する
という手順に問題があったんじゃないか・・・と思います。

手癖で描いているので、最近のスケッチのバリエーションに
なってしまってます。

「文鳥と少女」
20141013_bunchoes_020_S.JPG

デジタルで彩色するとき、
いつもミリペンでペン入れしているのですが
バケツ塗りしやすいように24bit→モノクロ→24bit変換をかけて
ドット職人的な作業をしていました。

でも、変換の過程で描線が思ったような質感にならないので
今回、シャープペンシルで描いたものをスキャンして
それをもとにデジタル彩色する手順を試してみたのです。
(詳細はこちら)

この質感の方がいいかなと思います。
アニメっぽい質感を狙うときは話は別ですが・・・。

レイアウトは以前描こうとスケッチを作っていた
文鳥漫画のものを流用しました。
posted by amleth machina at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/407068639
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。