2015年01月13日

「人魚姫抄」

最近、ガラスペンを使うのですが
当初の印象ほど苦手感はありません。

いつものつけペンの要領で
少しインクをつけてはひっきりなしにティッシュでぬぐって・・・
という使い方では、あまり上手く使えませんでした。

何回か通しで描いてみて、コツがわかったような気がします。

インクにつけることを除けば、
使い勝手はつけペンよりもボールペンに近い感じ。
でも、仕上がりはまごうことなきつけペンという感じで・・・
いまだに不思議な感覚です。

ボールペンが普及する前は事務用品として主流だったらしいのですから、
さもありなんというところですね。

羽根ペンよりも筆記用具としては精度が高く安定しているので
作業効率はいいのですが、描線に表情がつけにくいのが難点なのです。

緻密に描きたいときにはいいのかもしれませんが。

*

「くまちゃんとわたし」
20150111_teddymylove_010_S.JPG

思いつきだけで描いてしまったものです。
シャープペンシルとGIMPの組み合わせです。

「人魚姫抄 -海の泡と赤い糸-」
20150111_maldoror_010_S.JPG

pixivでフォローさせていただいているカタさんの人魚姫が素敵だったので、
突発的に描いてみました。ガラスペンです。

イメージ的には寺山修司/宇野亜喜良の「人魚のマルドロール」です。
'70年代風モダンな解釈でできないかと思ったのですが、
落としどころが中途半端な感じになってしまいました。

同じ主題で自分の描線に引き寄せたバージョンというのを
ちょっと作業中です。

「人魚姫抄・U -変容-」
20150112_transform_010_S.JPG

「人魚姫抄 -海の泡と赤い糸-」の別バージョンの箸休め的に始めたものです。
こちらもガラスペンです。

箸休めなので、ほんとはもっと軽い描線で仕上げる予定だったのです。
でも、細かい装飾をいれることになってしまいました。


posted by amleth machina at 01:55| Comment(0) | TrackBack(0) | memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。