2015年06月14日

ベクター化を試してみる


いつもアナログで描いた線画をスキャナーでとりこんで
デジ塗りをしているのですが、常にDPIとの葛藤があります。

あと、自分の描線がデジ塗りとしては重いんじゃないか、
あるいはノード数の少ない均質化した描線にしたら
もっとデジタルで扱いやすくなるんじゃないか
と考えてました。

そこでアナログ線画をベクターデータ化したら諸処の問題が
解決するんじゃないかと考え、ベクター化の手順を試してみました。

要はフリーソフトのInkscapeを使って
アナログ線画のベクター化してみたのです。

1.Inkscapeを使ってオリジナルをベクター化
2.パスの簡略化機能で絵のクリーンアップ

以上の手順なのですが、
ベクター化だけだと
仕上がりがアナログ線画のままなので
「パスの簡略化」を適用してみました。

出来上がったものは
もちろん拡大縮小してもジャギることはありません。

*

「ベクター化のテスト(その1)」
20150612_springfairy_000_S.JPG

プレーンな描線で線画を仕上げたつもりだったのですが
「パスの簡略化」を適用すると、描線が均質化されず
逆に重い仕上がりになってしまいました。


「ベクター化のテスト(その2)」
20150613_flow_000_S.JPG

ボールペンのスケッチにベクター化を適用してみたら
どうなるかも試してみました。

こちらは先日投稿した「水面」の線画が元ネタです。
20150610_flow_010_S.JPG

仕上げの工程でズボラができるんじゃないかという
観点です。

ベクター化した直後でも、不要な線をきちんと取り除けば
上手くいくんじゃないかという印象です。


「ベクター化のテスト(その3)」
20150612_gothica_010_S.JPG

ベクター化のやり方次第で
高橋葉介っぽい線も
自動生成できるかもしれないと
思ってしまいました。


「Vector Girl」
20150613_vectorgirl_010_S.JPG

かなりプレーンな感じの描線で描いた線画を
「ベクター化」してみたのですが、
やはり「パスの簡略化」を
適用するとかなり加工した感じになります。


20150613_vectorgirl_000_010_000_S.jpg
fig1.ベクター化しただけのデータ



20150613_vectorgirl_000_010_010_S.jpg
fig2.「パスの簡略化」を適用したデータ

矢端想さんの「エリーちゃん」で試すと
こんな風にはならないので
そもそも描線に問題がありそうです。

*

ちょっと一日いじっただけなのですが
描線を出来る限り絞って、プレーンに描いたつもりのものでさえ
「パスの簡略化」で逆に描線が重くなるということが
意外な結果でした。

というのも、ラスタデータのベクター化を紹介しているURLの多くでは
真逆の結果が紹介されているからです。
要は「パスの簡略化」で描線がシンプルになるといった結果です。

ちょっと、どこかで原因について真面目に検証したいと思います。

タグ:技法
posted by amleth machina at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | like Appendix? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/420641298
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック