2015年06月28日

亡者の河

皆川博子の「死の泉」を読了。

かな〜り好きです。

「開かせていただき光栄です」よりも
作者の「好き」の詰め込み具合が過剰で
そこが自分にとって無茶苦茶、好印象でした。

擬翻訳体的な文章を狙ったと思うのですが
普段から翻訳小説しか読まない自分には
普通に日本の小説でした。
別にそこだけが問題なのではないのですが、
同様にあちらこちらに張り巡らされた仕掛けに
ちょっとあざとさを感じた点だけが個人的には残念。

題材的に魅力的なので、いちいち仕掛けをしない方が
もっと格調高い仕上がりになったんじゃないかなと
思ってます。

とは言えエンタテインメントとしても格調の高さも
十分以上のレベルでバランスがとれているので
単なる個人的な好みの問題です。

読了後、文庫版で600ページ以上のボリュームがありながら
何度も読み返しているのですから、すごく気に入っていると
いうことなのです。

ところで、劇中にペルゴレジイの「スターバト・マーテル」が
キーとなるイメージで使われているので、
ただいま「スターバト・マーテル」がヘビーローテーション中です。

*

以下、pixivへの投稿の覚書です。

「落書き:フィードバック」
20150627_feedback00_010_S.JPG20150627_feedback01_010_S.JPG20150627_feedback02_010_S.JPG20150627_feedback03_010_S.JPG20150627_feedback04_010_S.JPG

けも耳とメカの組み合わせの落書きです。
今回はマンマシン・インタフェースです

気持ち的にはアップルシードのスレイブマスターシステムというか
ジャンボーグAというところです。

最後の一枚だけ、気持ちメビウスが入ってます。

ちなみに昔から純粋にデザイン的にシュビム・ワーゲンが好きです。
ただ前回も書きましたが、個人的にWWUのミリオタ素材の取り扱いは
デリケートな手つきが必要だと思っているので、好きでもあまり
おおっぴらに使えない題材かな。

「落書き:'70年代の少女漫画っぽく」
20150627_70esque01_010_S.JPG20150627_70esque02_010_S.JPG

'70年代の少女漫画?少女趣味的な感覚が割と好きです。
水森亜土や内田善美、おおやちきなんかが大好きです。
あと新書館のフォアレディースシリーズで出てきていた
素人以上プロ未満の漫画家さんたちの感覚が
自分にとって、ほんとにツボだったのです。

でもって、そんな感覚を意識しながら、始めた落書きです。


「けも耳少女とドラゴン」
20150627_girlanddragon_010_S.JPG

デフォルメキャラによるドラゴンを
やってみたかったのです。

気持ち的には鳥山明あたりを意識したのですが
描線や形の捉え方の問題なのか、
キャラクターを取り扱う手つきの問題なのか
思ったようにはいきません。

あと、もともと作っていたスケッチのレイアウトは
軍用バイクに乗ったドンキホーテっぽい爺との
組み合わせでした。
で、個々の要素は全く違うのですが
投稿済みのものと画面構成が被った印象だったので
後景のけも耳少女とドラゴンを取り出した構成にしました。


*

以下は純粋に手を動かして描き留めたものをアップしたものです。

「戯れ描き:点と線 あるいは けも耳姫」
20150627_pointandline_010_S.JPG

点と線を適当に描いててなんとなく浮かび上がったイメージです。


「亡者の河」
20150627_flowofdeath_010_S.JPG

ドレスの襞の流線を描きなぐっていて出てきたイメージです。

posted by amleth machina at 02:01| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。