2016年02月02日

ゾティークとメガオトメ

ラヴクラフト界隈の作家として敬遠していた(*1)
クラーク・アシュトン・スミスの
「ゾティーク幻妖怪異譚」をはずみで読んでみたら、
自分がタニス・リーを好きで・・・
そして期待していた暗黒で淫靡な世界を
濃縮、精錬していた感じだったのです。
今さら、手にすることのなかった自分の不明を恥じてます。

これってダンセイニの「ぺガーナの神々」や
デ・ラ・メアの「妖精詩集」に匹敵する
散文詩的な幻想小説の傑作じゃないですか?

ラヴクラフト文脈だけではなく、
ちゃんとダンセイニ文脈で
紹介してくれていれば、
もっと早く手にしていたのに・・・と
ちょっと怒ってます。

*

「Cosmographia Angelica U」
20151223_cosmographia_010_S.JPG

「R18についてちょっと考えてみた」
20151227_R18_001_010_S.JPG
「落書き:春画風を試してみる」をアップする時に
考えたことです。

「スペースオペラのネタ出し」
20151227_spaceopera_010_S.JPG
ネタ出し中のスケッチですが、
なんか上手く動かない感じです・・・。

「Hello World」
20160101_helloworld_010_S.JPG
年賀状の代わりにpixivに投稿したものです。

「怪獣ヴァラガロンちゃん あらわる!」
20160101_ultrananako_001_010_S.JPG
(「怪獣ヴァラガロンちゃん あらわる!」を読む)
飛翔掘削さんのとこのヴァラガロンちゃんネタです。

2015年のGWに下書きまで書いて
ほったらかしにしていたものです。

一部、操演の吊りの消し忘れがありますが
将来、デジタルリマスターの機会があれば
きちんと消しこみますのでご容赦を。

読まれた方は既にお気づきだと思いますが、
江口寿史の地防隊のシリーズがモチーフです。

でもって、くそ面白くもない
知能低めのアイドルグループのコント枠で
頭の悪いプロデューサーのテキトーな企画で
ウルトラファイトごっこをしようとしたら
ガチの特撮班が乱入してカオスになった感を
意識してイメージ設計してみました。

ほとんどウルトラシリーズ最初期のクリシェで
構築しているので、説明はヌキで突っ走っても
いいかなとコンテを切ってます。

なのでワンダバシーンは
ウルトラホーク1号の
発進シーケンスを意識しているとか、
ストライクビートルはオリジナルを
最近のステルスっぽいラインで再構築して
ロービジ仕様にしてみたとか
ふたばつの制服が科学特捜隊だったり、
ナナコの変身シーンの豚っ鼻はセブンのままとか
ヴァラガロンちゃんがシェーできるのは
ゴジラを意識しているとか
高機動ミサイル発射シーンは板野サーカスを意識して
・・・だったりなのです。

「夜の帳が落ちる間に」
20160102_nightfall_010_S.JPG

「落書き:月夜に舞う」
20160110_mooncatcher_010_S.JPG
漫画用のデフォルメパターンの試作です。

なので無着色、無効果です。

「胡蝶の夢」
20160110_lerevedupapillon_010_S.JPG

「最初の子は死んだ」
20160111_1stbornisdead_010_S.JPG

「幻視の夜」
20160125_seireenia_01_010_S.JPG
(「幻視の夜」を読む)

「星と菫の乙女たち」
20160130_hoshisumire_010_S.JPG
つい先日、ほんっとに偶然、
それも・・・今さらのように
山名沢湖さんの「スミレステッチ」
を手にしたのですが。

血中オトメ成分が
1ピコ・オトメを割る自分が
100メガ・オトメな作品で
オトメ心を過剰摂取して
ちょっと悪酔いしたのかもしれません。(*1)

二次創作というわけではありませんが、
星菫学園な気分をでっちあげてみました。

BGMにCinnamonの"Backwards"を
エンドレスで聴きながら作業しておりました。
あ・・・、あとAutour de Lucieです。

「戯れ描き:わたしの心は胡蝶のように舞う」
20160130_papillon_010_S.JPG

「戯れ描き:おせっかいなつばさ」
20160131_sketch04_010_S.JPG
無印良品のメモパッドに銅筆の組み合わせです。

(*1)ラヴクラフトファンには怒られるかもしれませんが
  クトウルフものって「出るぞ、出るぞ」と言い続けている
  狼少年っぽい感じで、何冊も読んでる割に生理的に駄目
  なのです。

(*2)標準的な女子一人分のオトメ心を
  あらわす基準単位のこと。
  星菫学園の校内オトメ心の総量は
  100メガ・オトメ。
  (一般的な女子高は300オトメ)
  オトメ心が臨界に達すると
  オトメチック怪事件が起こるのであった。

posted by amleth machina at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。