2015年07月11日

スペオペ 2題

「スペオペっぽいもの」
20150705_spaceoperaesque_010_S.JPG

先週末の後片付けです。

フツーの女子高生を
ミリペン作画して
印刷工程での色指定で
処理したみたいなものを
描くつもりでした。

でも途中で「バーバレラ」っぽい
イメージが混入して、おまけに
「ギャラクシーナ」成分まで
入ってしまい、収集がつかなくなって
しまいました。

我ながら計画性がありませんね。


「侵略の惑星」
20150710_splinterofmindseye_010_S.JPG

紅い狐さんのとこで
コメントした内容からの思いつきです。

「バーバレラ」と「スタークラッシュ」から
臆面もなくイメージを拝借してみました。

おまけにつけたタイトルがアレだという・・・。


「魔女めく夜」
20150710_witchlike_010_S.JPG

いつものパターンです。
posted by amleth machina at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月06日

ねこの星:いのり星

「ねこの星:いのり星」
20150705_planetofcat_010_010_S.JPG

突発的な思いつきで始めたものです。

もともとはアクリル絵の具の
厚塗り風に仕上げようと始めました。

でも仮塗りした段階で、
シンプルに仕上げた方が
可愛い感じになるんじゃないか
・・・と方針転換しました。

ちょっと、
古めかしいファンシーグッズっぽい
センスに仕上がったかな・・・と
本人的には気に入ってます。


posted by amleth machina at 02:26| Comment(0) | TrackBack(0) | memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

死と乙女

「死と乙女」
20150705_deathandmaiden_010_S.JPG

pixivへの投稿版です。

主題的には
「死せる王女のためのパヴァーヌ」の変奏です。

銀筆によるドローイングをスキャン後
色調整をしてトリミングしたものです。

最近の個人的なテーマは
「銀筆をお手軽に使えないかな」
・・・です。

少しプレパレーションを変えてます。

前回まではFAX用紙にパレットナイフで
ジェッソを粗く塗りつけるやり方でした。

今回は薄く溶いたジェッソを
FAX用紙に一回塗っただけの状態です。

普通は薄く溶いたジェッソを
数回に分けて塗り、
むらがないよう下地を作ります。

でも今回は一回だけの塗りで
銀筆が描けるかどうかの確認でした。

表面の凸凹が少なく
普通にドローイングできるので
今後は今回のやり方で作業しようかと
思ってます。


「Der Tod und das Mädchen」
20150705_deathandmaiden_011_S.JPG

DeviantArt投稿版です。

「死と乙女」の加工版です。


posted by amleth machina at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月05日

死せる王女のためのパヴァーヌ

deviantArt、pixivへの投稿の覚書です

*
「死せる王女のためのパヴァーヌ」
20150704_pavane_011_S.JPG

「Pavane pour une infante defunte」
20150704_pavane_010_S.JPG

もともとのキーワードは「死と乙女」だったのですが
「死の天使」いうキーワードで再構成したところ
マーヴィン・ピークの”Ancient Salor”の風味が
入ってしまいました。

要は先日、購入した
「イギリス怪談集」の装丁の
マーヴィン・ピークの影響ということです。

posted by amleth machina at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月02日

「Die Spiralige Burgruine」

イギリス怪談集 (河出文庫)


表紙のマーヴィン・ピークのイラストで即買いでした。
なによりヴァーノン・リーの短編も収録されていたので・・・。

*

pixivの投稿の覚書です。

「Die Spiralige Burgruine」
20150701_DieSpiraligeBurgruine_010_S.JPG

皆川博子の「死の泉」に想を得て
銀筆です

ほんとうならマルガリーテとモニカがいるはずなのですが
あまりに説明的になってしまうのでレナとアリツェのイメージ
です。



posted by amleth machina at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月29日

「聖母哀傷」を聴きながら・・・


pixivへの投稿の覚書です。

「Opheliac」
20150628_gothiclolita_010_S.JPG

エミリー・オータムのイメージで
でっちあげたスケッチです。


「「聖母哀傷」を聴きながら・・・」
20150628_stabatmater_010_S.JPG

銀筆をもっとお手軽に使えないかなと思いながら
作ったスケッチです。

ただプレパレーションした用紙を
あらかじめ準備しなければいけないし、
修正が効かないので
つい心理的なハードルが上がってしまいます。

プレパレーションしなくても銀筆がのる
安い用紙があるとベストなのですが、
そんな上手い話はありません。
ボールペンでらくがき帳に書きなぐるくらい
お気軽に使える環境を作れないものかな・・・と
思ってます。


*

引き続き、ペルゴレージの「スターバト・マーテル」が
マイブームです。あと、モンテベルディ・・・ですね。


posted by amleth machina at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月22日

熾天使軍


以前も書いたとおり、DeviantArtとpixivで
SNSの傾向が違うので投稿作品の作風も
ちょっと調整しています。

*

「蔵書票」
20150618_bookplate_010_S.JPG
昔から蔵書票を作ってみたかったので
試しに描いたものです。

実際に使うとしたら
Ex Librisと名前欄は止めて
女の子の頭の空白にレイアウトした方が
いいかもしれませんね。

「落書き:けも耳とメカ」
20150621_study_mecha01_S.JPG20150621_study_mecha02_S.JPG20150621_study_mecha03_S.JPG20150621_study_mecha04_S.JPG20150621_study_mecha05_S.JPG
けも耳とデフォルメメカの組み合わせの落書きです。

ちょっとけも耳でミリオタっぽいイメージを
作ってみようかと始めたのです。
でも、WWU的なイメージ設計は、
どうしても歴史修正主義的な匂いがつきそうなので
微妙に外しました。

5枚目は、異星人がたむろする
「中継ステーション」というイメージです。
昔、「中継ステーション」で宇宙船待ちしている
「赤毛のアン」というスケッチをしたのですが、
使いこなせなくてほったらかしになってます。

「戯れ描き:魔女三葉」
20150621_study_witch01_S.JPG20150621_study_witch02_S.JPG20150621_study_witch03_S.JPG
魔女っぽいイメージの戯れ描きです。

アイデアスケッチ的に描いたものです。
レイアウト的には好きなのですが
作品にできるかというと、
今ひとつピンとこないので
このままでアップしました。

「熾天使軍」
20150621_seraphim_011_S.JPG
DeviantArtに投稿した
「The Host of Seraphim」の無加工バージョンです。

といっても色調整だけはしています。

パレットナイフで粗く塗りつけた
ジェッソの上に描いてます。
大きいサイズだとパレットナイフの
跡がモロにでてしまうので
DeviantArtには加工したバージョンを
アップしています。

「The Host of Seraphim」
20150621_seraphim_010_S.JPG
毎度の銀筆とテクスチャーの組み合わせです。

アイデアスケッチも何もない状態で
銀筆で自由に手を動かしたらどうかな・・・くらいの
気分で始めたのですが、
いい加減さがいい感じに転がった気がします。

緻密な仕上がりとは言えませんが
本人は気に入っております。

*

最近のBGMはBlack Tape for a Blue Girlを中心に
ロリーナ・マッキニットやレイン・ツリー・クロウ
だったりします。
posted by amleth machina at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月16日

ベクター化はひとを選ぶみたいです


ベクター化ですが、
自分の描線とは相性が悪いということだけ
思い知らされました。

「ビットマップのトレース」は描線のアウトラインを
ペジエ曲線で近似してくれます。

描線も一本の線ではなくアウトラインで閉じた面なのが
ポイントなのです。

で、鋭角を構成する輪郭線の
アウトラインに「パスの簡略化」を適用すると
パスが単純化された分だけ、輪郭線のアウトラインが
甘くなり、塗りつぶし部分が大きくなってしまうのです。
あと、曲線の曲がる方向が途中で逆転するような
描線も同様です。

矢端想さんの絵は、
適度に線が途切れていたり
鋭角に近い曲線が少なかったりするので
「パスの簡略化」を適用しても各描線のノードが
いい感じで間引かれたんじゃないかと思います。

なので「Vector Girl」の鋭角になるポイントを
消して試してみました。
でも「ビットマップのトレース」が自分の絵から拾うノードが
あまりに細かすぎて、少々の調整ではどうにもならないことだけ
はっきりわかりました。

ベクター化で整った描線の絵を描きたい人は、
以下のポイントを最低限おさえた方がいいような気がします。

・鋭角的な輪郭線を避ける
・曲線の頂点を途切れさせる。
・複数の描線が交錯するような絵柄は避ける。
・ぱっつんぱっつんむっちりなキャラクター設計にする

う〜ん、自分的には一抜けた・・・って感じですね。

タグ:技法
posted by amleth machina at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月15日

ベクター化で遊んでみた


この週末に試したベクター化の手順ですが
自分の絵だとあまり上手くない。
では、誰の絵だといいかというと
実はリンク貼らせていただいている
矢端想さんの絵がよかったのです。

ということで、矢端想さんの許可をいただいて
キレイにベクター化した作例を紹介します。

20150614_ellie_000.JPG
fig1.原画をベクター化した状態
ふんとにInkscapeは優秀すぎて原画なのか
ベクターデータなのかわからないです。
でも、ノード選択するとこのとおりなのです。
20150614_ellie_000_node.JPG

20150614_ellie_010.JPG
fig2.
で、これが「パスの簡略化」を適用した状態です。
ノードはこのくらい整理されてます。
20150614_ellie_010_node.JPG

SVGファイルとしては159→48(KB)まで容量が削減されてます。
このプロセスが自分の絵だと加工された印象になってしまうのです。

矢端想さんの描線って自分の描くものよりも
ものすごく素直なんじゃないかと思うのです。
だから自分の描線みたいに墨を流し込んだような絵には
ならないんじゃないでしょうか?

さて、これだけきれいにベクターデータにできたので
ちょっと遊んで「エリーちゃん」ロゴを作ってみました。
もうベクターデータ化できているので
嬉しくなっちゃって、思わず3つのサイズで
PNGファイルを作ってみました。

基本サイズ
20150612_ellielogo_000_010_010.png

大きいサイズ
20150612_ellielogo_000_010_010_L.png

小さいサイズ
20150612_ellielogo_000_010_010_S.png


タグ:技法
posted by amleth machina at 07:55| Comment(2) | TrackBack(0) | memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月01日

I put a spell on you

「I put a spell on you」
20150531_iputaspellonyou_011_S.JPG

DeviantArtに投稿した作品の
スキャンしただけのバージョンです。

FAX用紙にジェッソを
粗く塗りつけた上に銀筆で描いてます。

あまり綺麗に下地を作らないのが
面白い効果になってるかななぞと
思ってます。





posted by amleth machina at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。