2015年05月31日

DeviantArt始めました

未整理なまま、
pixivの投稿を続けていたところ
作品傾向も含め、
収集がつかなくなってしまいました。

そこで整理の意味も兼ねて
DeviantArtを始めました。

まずはアカウント作って
ご挨拶的な投稿をしただけの状態です。

カテゴリーの仕方などは
pixivより好きかな。
使い勝手などが慣れていないので
継続して利用するかは
まだなんとも言えませんが・・・。

*

「白鳥の歌」
20150530_swansong_010_S.JPG

DeviantArtへの最初の投稿作品です。

銀筆とフォトマニュピレーション風アプローチの
組み合わせです。

タグ:お知らせ
posted by amleth machina at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月09日

アズラエル

昨日に引き続き
勢いだけで仕上げています。

「アズラエル」
20150508_azrael_010_S.JPG

GW中は割とドビュッシーやラベルのピアノ曲をメインに聴いていました。
GW明けからはChandeenやTelBastaといった、知ってる人しか知らないような
ゴシックエテリアル系をメインに聴いてます。





タグ:ゴシック
posted by amleth machina at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月08日

そしてわたしはすべてを閉ざす


ボールペンでメモを作っていたら
今日は思った以上に立ち上がりが早かったので
勢いで仕上げてみました。

最近はラフからトレースして仕上げるといった
丁寧な作業を意識していたのです。
でも、ノリ一発で作業してみるのも
新鮮でちょっとよかったかもしれません。

「そしてわたしはすべてを閉ざす」
20150507_spellbound_010_S.JPG


「少女樹」
20150507_girltree_010_S.JPG

posted by amleth machina at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月07日

多分、ボツ・・・・:二葉

GW中にラフをあげてみたものの
画面構成上、新味がないので
ボツにするラフ二葉を晒しておきます。

一枚目は筋肉脳系ファンタジーの試みです。
20150506_marsesque_rough_010_S.JPG

火星シリーズっぽい世界観を狙ってみました。
でも画面構成上、ダイナミズムに欠くのでボツ。

二枚目は「シャーロットの乙女」のイメージです。
20150506_ladycharlotte_rough_010_S.JPG

新味がないのと主題的に作りこみがおざなりなのでボツ。

どちらも、本人的にはそれなりに気に入っているのですが
仕上げるまでもないかな・・・と判断したものです。
タグ:技法
posted by amleth machina at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月05日

真夜中のお茶会

「真夜中のお茶会」という
キーワードによるバリエーションを
作ってみました。
思いつきのラフを仕上げたものです。

「真夜中のお茶会T」
20150505_aliceteaparty_010_S.JPG

バリエーションその1です。

先日の二頭身キャラは
このラフが基になったものです。

後で気づいたのですが
チェシャ猫は天野嘉孝描くところの
アプロ(神林長平「敵は海賊」)の
イメージかもしれません。


「真夜中のお茶会U」
20150505_aliceerotica_010_S.JPG

バリエーションその2です。

こちらは宇野亜喜良っぽくなってしまった気がします。
posted by amleth machina at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月25日

conversation time

「conversation time」
20150423_conversationtime_010_S.JPG

「perversity」の手順のおさらいとして作ってみました。

「perversity U」では
フィルターをかけすぎた感があったので
今回は多重露光的にテクスチャーを入れただけで
ほとんどフィルターをかけないようにしました。

思った以上に画面がシャープになったような気がしてます。

posted by amleth machina at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月22日

perversity U

「perversity U」
20150420_diabolica_011_S.JPG

先日の「perversity」の方向性で
少し練ってみました。

今までデジ塗りで
グラデーションやぼかしを
避けてました。

というのも手順的に
絵を描くというより
コラージュ素材を作るような感触で
生理的に合わないと思ってたからです。

でも、佳嶋のイラスト集
「デルタ オブ ヴィーナス」を
見て、こういった描きかたなら
「ありかな」・・・と思ったので
ちょっと踏み込んでやってみました。
基本はバケツ塗りなのですが・・・。


ほんとはもっと様式化されたイメージに
したかったのですが、手を動かして
気持ちのいい線をひいていたら
出来上がったものは最初に狙ってたものとは
全然違ってしまいました。

タグ:挿絵
posted by amleth machina at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月19日

「デジタルなゴス」がマイブーム


最近、以下の流れで
自分の中で
「デジタルなゴス」が
キーワードとして急浮上中です。

「ユリ熊嵐」
->幾原邦彦
->「ノケモノと花嫁」
->中村明日美子
->「KERA」っぽいゴスロリとエロ
->佳嶋

でもって
デジタルゴスなCURVEが
ヘビロテ中というところが
我ながら「わかりやすい」というか
「単純」というか・・・。


「perversity」
20150418_evilangel_010_S.JPG

というわけで
「デジタルなゴス」というキーワードを
衝動的に試してみました。

あまり考えもなしに試したので
もう少し練ってみようかと
思ってます。



「glass star , glass dragon」
20150418_glassstarglassdragon_010_S.JPG

漫画のネタ出ししている中での副産物です。

加藤 洋之&後藤 啓介の漫画作品が
好きなので、
ちょっと不思議な世界を
やってみたいのです。

でも描き込みと省略のバランスが
ちょっとつかめてないです。

posted by amleth machina at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月06日

きゅっとコーリング


最近、民話集をよくチェックします。
物語の原型的な構成で、なおかつ短めなものが
多いので刺激されるところが多いからです。

先日も岩波文庫の「スペイン民話集」を
読んでみたのですが、近代文学のような緻密な
構成は期待するべくもないのですが
お話の原型的な面白さを楽しめる一冊でした。

「フランス幻想民話集」と同様、
こういったお話はすごく好きです。

*

「きゅっ」
20150405_tightnup_010_S.JPG

入学式のシーズンですね。

先日の「ふたりでわけるの」の
アイデアスケッチの中から
気に入っていたものを
仕上げました。

毎度の0.1mmのミリペンです。


「calling」
20150405_calling_010_S.JPG

いつものbrauseのスケッチペンから
gillottの丸ペンに変えてみました。

外れのペン先なのか
普通に使うと全然線が描けないのですが
逆に裏返して使うとすごく細い線が描けるので
これでコントロールできると
エングレービングっぽいことができるのかな?

作業して思ったのですが
緻密に仕上げようと思うと、
仕上げるのにどうしても物理的な作業時間が
必要になってしまうのです。

で・・・早めに仕上げようと思うと
つい粗くなってしまいます。

なので精神衛生上、
手早く仕上げられるタッチの作品があると
物理的な作業時間が絶対に必要な作品に
じっくり向き合ことができるんじゃないかと思い
模索しているところなのです。

*

百合からの連想で最近はt.A.t.Uが
いきなりの脳内ヘビロ状態です。



posted by amleth machina at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月04日

蜘蛛巣城でわけるの

「蜘蛛巣城風のスケッチ」
20150404_macbethesque_010_S.JPG

シェイクスピア劇を下敷きに
デフォルメしたキャラで
漫画にしたら面白いかな・・・と
思って試しに作ったスケッチです。

気分は「マクベス」です。

今回はガラスペンです。

「ふたりでわけるの」
20150404_lilies_010_S.JPG

お気に入りだった
「ユリ熊嵐」が終わってしまって
ただいま、クマロス状態なのです。

だから・・・というわけではありませんが
百合っぽいイメージを思いつきで
描いてみました。

色を仮入れしてたら、
ソフトポルノっぽい配色になってしまったので
ちょっとメリハリを入れて
70年代のサラ・ムーンや
デヴィッド・ハミルトンみたいな
粒子の粗い感じにしてみました。
posted by amleth machina at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。