2013年08月13日

「スイートマジックシンドローム」CUTEG

「スイートマジックシンドローム」CUTEG

とりあえず、ラノベ一冊制覇したぞ!と気が大きくなっていたので、よせばいいのに所謂ラノベ系絵師の
4コマ漫画集に挑戦。

事前にリサーチして、絵的に大丈夫そうな作家を選んでチャレンジしたのですが、う〜む。作者が女性だからかもしれません。スタイリングもいやみがなくて絵柄的にはそんなに抵抗はないのです。どちらかと言えば好きな部類に入ると思います。でも、お話の方があまりに他愛なさすぎて、どう読んでいいのか困ってしまったのです。

以前、「光女子地球防衛委員会SHAM」(鈴木典孝)にチャレンジした時も似たような読後感があったので、この手の4コマ系作家特有の感覚なのか、たまたまこういうのに当たっただけなのか判断に悩んでいます。

そういえば「火星ロボ大決戦!」があまりに頭悪すぎて面白かったので、相性の問題なのかなあという気もしています。(金田跳びするペンギン帝国のペンギンコマンダーは大好きです。)

ふと弾けすぎてドワオなスパロボもの4コマってのもありなのかな・・・なんて妄想が一方で拡がっているのですが。






タグ:コミック
posted by amleth machina at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 意見には個人差があります・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者1」榊 一郎(講談社ラノベ文庫)

「アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者1」榊 一郎(講談社ラノベ文庫)

以前からラノベはチャレンジしては挫折を繰り返していたジャンル(?)です。

何年かに一回の割で発作的にチャレンジするのですが、今回はいつもにも増して気合入れました。ターゲットとして本作を選んだのはリサーチの結果ではなく、BookOffで105円かつ、挿絵が我慢できそうかどうかという、恐ろしく消極的な理由です。

当然のことながら、文体から人物造形も含め、真面目に読み通すのはかなりきっついです。おまけに萌え系のイラストが光子力バリヤーか、はたまた波動防壁並みのハードルとして立ちはだかるのです。

でも、ラストまで到達した時、そんなに本作の印象は悪くないです。

繰り返しますが、小説的にあまりに異質すぎて,きっついです。半分どころか80%くらい斜め読み状態でもしんどい。でもオタク文化でファンタジー風異世界の住人と交易するという日本政府のクールジャパンな密命が、ラストで実は文化的侵略なのだというパースペクティブの中に投げ込まれた瞬間、ちょっとだけこの作者の見識の確かさを感じたのです。

こういう視点で話を進めるのであればセカイ系ではなく社会とちゃんと向き合って物語る覚悟があるのだろうと思いますし、主人公がグデグデの自宅警備員だろうと、逆にだからこそちゃんと機能するのではないかという感じたのです。続巻でこのシリアスな側面にフォーカスして物語を進めていくようなので、もしかしたら2巻以降も挑戦してみるかもしれません。そういった意味ではちょっと拾い物という感じです。

とはいえ、「恐怖新聞」なみに寿命が縮むんじゃないかというくらい無駄に体力を消耗するので、かなりコンディションのいいときになると思います。



タグ:コミック
posted by amleth machina at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 意見には個人差があります・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月26日

松本零士は好きではありません


「ヤマト1974」にはまったことがあると言いつつ、松本零士は好きではありません。というよりきっぱり嫌いです。ファンの方は気を悪くされると思いますが。

著作権関連で色々と妄言を繰り返していることもありますが、それ以上に作品的に駄目なのです。最初は「ヤマト」のコンセプトデザインを作った人ということで作品に飛びつきました。でも、実際にその作品に接するうちになんか気持ち悪さばかりを感じるのです。自分なりに気持ち悪さの原因を分析してみたのですが、次の二つに集約されます。

・物語の構造。
・女性の扱い方

まず、物語の構造ですが、概ね主人公は自分で何もしないのに、周囲の好意(?)みたいなものだけで話が展開するのです。「銀河鉄道999」「クイーン・エメラルダス」「ワダチ」なんかこの典型だと思います。下手をすると窮地を脱するのも主人公ではなく傍らのヒロインのおかげだったりします。でもって主人公はいつも信念を曲げなかった自分の行動の成果と都合のいいように解釈しているのです。

次に女性の扱い方です。松本零士漫画では主人公に関わる女性の扱い方も二通りしかありません。
・主人公を無条件に受け入れて全てを与えてくれる都合のいい聖女
・主人公を受け入れてくれない悪女。というよりも松本零士にとって自分を全肯定しない女性は全て悪女認定しているんじゃないかとさえ感じることがあります。

嫌な言い方ですが、松本零士って女性にダッチワイフ属性以上のものを認めていないんじゃないかと感じることが多いのです。(下宿の大家さんは位置づけが違うので、これにはあたりませんが。)初期の「恐竜地帯」あたりなんかは松本零士のそのような女性観が素直に出ていると思います。そういえば、P&M_Blog「私が松○零士を嫌いなわけ」が「女性蔑視」という切り口で分析していました。

ファンの方がどのように読まれているのかよくわかりませんが、これらの気持ち悪さが自分にとって「嫌い」と言わしめさせる理由だったりするのです。

(補足)
ところで、松本零士が著作権について「自分の力で得た成果だから」として妄言を繰り返すのも当然と今思い至りました。多分、自分が気持ち悪いと感じた松本作品の物語構造が実は作者のものの見方の反映なのでしょう。

タグ:コミック
posted by amleth machina at 15:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 意見には個人差があります・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2199が好きです

2199が好きです

「さらば〜」の出現によって、自分の中で「ヤマト1974」にはまったことは黒歴史になっておりました。まして、石原都知事原案「復活編・第一部」なんてものが公開されやがったおかげで観た事実さえ葬りさりたくなったものです。

でも、「2199」が出てきたおかげで、「ヤマト1974」にはまったことを今堂々とカミングアウトできます。「2199」製作に携わった皆様、本当にありがとうございます。

いちいち自分がここで言うまでもないことなのですが、でも言わせてください。

・まずファンが観たいと思う絵をちゃんと見せてくれること。
これ、結構重要です。一話、二話なんて「ヤマト1974」のレイアウトはほぼそのまま。下手すると手書き描写そのものまでトレスしたようなカットまで出てきて、痒いところに手が届くような映像になっています。しかもCGにセル画風のテクスチャを貼り付けたメカ描写はモーションに練れてないところがあったりしますが、基本観ていて気持ちいい画なのです。
逆に「1974」のOPには艦長室のアップから主砲を旋回させながらロングまで引いていき前進するところまで1カットで描写した手描きなのが冗談みたいなカットもありますね。

・「2199」の美点はまず「悪い宇宙人ぶち殺してヒャッホー」なんて世界ではないこと。
某巨大掲示板でも、去年、第二章が公開された当時「ガミラス本土決戦でいい調子でガミラス人全滅させたら怒るぞ!」というニュアンスの意見が見られました。ヒルデ効果もあったのだと思います。でも、そう言わせてしまう演出は重要ですし、なにより敵も民間人のいる国家にすぎないという当たり前の視点が導入されたことが、十分納得させてくれるのです。
「メ弐号作戦」のラスト、ヤマトが残存艦の追撃に移るとき、つい「四隻くらい見逃してやれよ」と思ってしまったのは自分だけではないはずです。

・ヤマト無双ではないこと。
冥王星でもヤマトのダメコンの描写がちゃんとあったのですが、あーいった描写があると相手の弾が当たれば平然としてられないんだということを肉体感覚として共有できるのです。こーいった描写を積み重ねた作品が、無数の敵艦を前に平然と無双ぶりを発揮するとは思えないリアリティが、どのような形でこの戦いを終結させるのか楽しみでしかたありません。

・放射能除去装置の設定を止めたこと。
賛否両論があると思います。しかし、自分は賛成の立場です。意外と指摘されていないことなのですが、そもそも放射能除去装置なんて錬金術です。やはりSF的なリアリティとは本来馴染まないガジェットではないでしょうか?まだ、ガミラスフォームの方が納得できます。

・アナライザーがお行儀よくなったこと。
これについては田中圭一の「アナライザー」ネタがあるので好みの問題だと思います。たしかに、このネタは面白すぎるのですが・・・。

ということで、書いているとキリがありません。
昔「1974」を観ていた気分で毎週「2199」を楽しみに待っています。

(補足)
ちなみにガミラス側の描写がきちんとされているので、誰かが薄い本でこんなの描いてるんじゃないかと妄想が拡がっております。

・ヤマト乗組員とガミラスの居酒屋での忘年会
藪、ガンツの非モテキャラが「リア充、消滅しろ」みたいな、くだを巻いたりとか
シュルツのとこにビールを持って「お義父さん」とはせ参じるヤマト乗組員とか
山崎あたりとヤレトラあたりが飲んでたりとか
きっと、忘年会にはデスラーあたりはこないけど、ドメルはちゃんと奥さんつれて現れるだろうな・・・とか
佐渡先生とラーレタのうちの子が一番かわいい合戦があったりとか。

・トーノZEROさんのブログの記事「ザルツ産の猫型生物<クラル>の陰謀」で思いついたネタです。
クラルが増えすぎちゃって困ったシュルツさん。ヒルデに頼まれて冥王星基地のあちこちに「子猫もらってください」のポスター貼るのだけれど、誰も手を挙げてくれない。見るに見かねて、ほんとはクラル嫌いのラーレタさんが手を挙げる。
で浮遊大陸の補給基地でクラルと生活を始める。でも、最初は全然、クラルもなついてくれない。
ヒルデとは子猫のことで文通してたりする。
だんだん、クラルもラーレタさんに懐いてきてくれて、仕事場でもおとなしくしてくれてザルツ星では浮遊大陸補給基地のタマ所長として報道されるようになって、ラーレタ・ブログの「タマ所長の浮遊大陸補給基地、本日も異常なし」がクラル部門の一位常連になる。
そんなこんなでクラルとの心温まる補給基地生活が軌道にのってきた矢先。無粋で不細工なテロンの戦艦にラーレタさんは浮遊大陸ごと吹き飛ばされてしまうのだった。
合掌。
タグ:SF
posted by amleth machina at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 意見には個人差があります・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自分の好きな作品に対する全肯定以外は全て拒否扱いなのかなあ

前から書かないといけないと思っていたことです

以前、飛翔掘削さんの「要は、「丸まんま受け止めて好きになろうよ」というお話でございますよ。」
「好き」と公言している作品をボロボロに批評していたら「それって本当に好きなの?」と言われたということが書かれていました。

ボロボロに言うけど大好きな作品という気分ってすごくよくわかるのです。いかなる基準においてもボロボロでも、自分の琴線に触れる一点があると作品評価とは関係なしに好きとしかいえないのです。あるいはここは好きだけどここは嫌いなんて感覚もあると思います。作品に対する接しかたとしてそんなのは割と普通のことだと思うのですが、意外と共有されていないのかもしれない。そう思うことが時々あるのです。

昔、SW好きの同僚に「SWで基本B級スペオペ映画だよね」と言ったら、滅茶苦茶怒られたことがあります。でもって、この一言で自分は「SWが嫌いだ」と勝手にレッテル貼りされてしまったのです。「最初のSWは好きだけど以降は作品としてのトーンが変わってしまって好きになれない」とか「「帝国の逆襲」までは許容できるけど、以降コンセプトデザイナーが変わってしまって一貫性がないので嫌」なんて意見は聞いてももらえませんでした。

今思えば、そもそも「B級映画」という言葉のニュアンスが共有できていなかったのかもしれません。ネガティブに聞こえたのだと思いますが、だとしてもネガティブな言辞が作品を全否定しているように捉えられてしまったのがちょっとショックでした。

その時、一般的には「自分の好きな作品に対する全肯定以外は全て拒否扱いなのかなあ」と思ってしまったのです。だから「否定的な部分があっても、好きでしかたない」という言い方は通じない世界があるような気がしているのです。

そういえばアメリカのSFコンをパロった「暗黒太陽の浮気娘」(シャーリン・マクラム著)というミステリーがあります。その中のエピソードにこんなのがあります。

ファンダムのアウトサイダーである主人公がインサイダーのGFに、SFコンで上映されている映画について聞くシーンです。GFたちが上映作品をことごとくボロクソにこきおろすので、主人公は「じゃあ、観なくていいか」と言うのです。するとGFは言います、「だからこそ観なきゃだめよ」と。

こちらについてはどちらかと言えば、どんなに駄目な作品でも、あるいはだからこそ観ないといけないと思うファン気質なのでちょっと話の方向性が違うかも知れません。でも、これって洋の東西を問わず濃いファンの業の深さを捉えた名シーンだと思うのですが、いかがなものでしょうか?

posted by amleth machina at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 意見には個人差があります・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。