2016年07月09日

ヴィヴィアン・ウェストウッドが三宅洋平への応援メッセージを出してた。

ヴィヴィアン・ウェストウッドが三宅洋平への応援メッセージを出してた。

これ、本気ですっごいことだと思う。ちょっと自分の中でいろいろなことが後押しされたような気がします。 「ヴィヴィアン・ウェストウッドから三宅洋平へ https://youtu.be/J3h6Yd9UiBI

やはり、ヴィヴィアン・ウェストウッドはクリエイターとして尊敬すべき人だと
あらためて思い知らされました。



posted by amleth machina at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 生存本能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

賢者は歴史に学ぶが、愚者は経験からしか学ばない。しかし日本人は経験からすら学ばない。

明日は参議院選挙なのですが、本気で国際的にも後世の歴史家からも
弾劾される選挙になることを懸念してます。

何を大袈裟な・・・と言われる向きもあるかもしれません。
でも、安倍政権ははっきり「国民主権、基本的人権、平和主義」を廃止しない限り
自主憲法ではないと明言してます。
(これは稲田朋美の日本会議でのスピーチ動画として普通に見ることが出来ます)

最初に改憲するといっている緊急事態条項はナチスドイツや大日本帝国の
国家総動員法よりも無制限に政府が施行でき、かつ行政が勝手に立法できる
民主国家としてありえないものです。

もしかしたら、野党は駄目駄目だから・・・という方もいるかもしれません。
でも、どんなに駄目でも憲法というルールを最初から守るつもりもないし、
自分達の都合のいいルールに勝手に書き換える党よりはましです。
というより、現在の自民党はそもそも立憲主義国家の政党としての資格は
ないと断定します。

憲法改正は争点ではないといわれる方もおられるかもしれません。
しかし、公約の後の方に小さく詐欺師の約定条項みたいにコソっと書いています。
おまけに憲法改正は立党以来の党是なのであえて争点にする必要もないとも
明言してます。

第二次安倍政権以降の国政選挙では常に争点を経済だと言いつつ、実際に
強行採決したのは特定機密保護法であり、集団的自衛権の憲法解釈の変更
だったのです。またTPP反対といいつつTPP締結に邁進しています。

これだけ信用のできない自民党に議席を与えるということは、
選挙民は過去の事例に全く学ばないということです。

自分は独裁的政権に精神的にも物理的にも殺されたくはないので
改憲勢力と呼ばれる政党を排除した中から選ぶつもりです。

少なくとも国民の首を締め付けているような自民党に投票するような
どMではありませんので・・・。

(本エントリのタイトルは自分の尊敬するブログの文章から拝借しました。)

posted by amleth machina at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 生存本能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月26日

安保法案なんてそもそも国会で審議できるものではないんです

今日、サンデーモーニングを見ていて思ったのだけど
「安保法案は違憲であり法案として体をなしていない」と
いう事実が浸透してないんじゃないでしょうか?

しつこく書きますが「安保法案は違憲で法案として体をなしてません」。

だから、安保法案なんてものは国会で審議できるものではなく
「廃案にして憲法に従ったものを出し直す(*1)」しかありえません。

つまり、安保法案に賛成か反対なんて議論は意味がなくて、
もっとも法案推進者よりに言ったとしても
「憲法という規則に従った法案を出し直してね」と言うしかないのです。


(*1)よく対案を出せという愚かなことを言う人がいますが
法案の前提が違憲でありルールに従っていないのですから
国会審議の門前払いにするのがフツーの対応なのです。

ラベル:憲法 時事
posted by amleth machina at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 生存本能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月24日

ニュース23で「ヒゲの隊長に教えてあげてみた」が取り上げられていた

ニュース23で話題の動画
「【あかりちゃん】ヒゲの隊長に教えてあげてみた」を
取り上げていました。

かなり当たり障りのない表現でしたが、
安倍内閣から圧力かけられているTV局も
こういった取り上げ方して
安保法制の問題点をシレっと拡散するのも
ジャーナリズムとしての
一つの戦法なんじゃないかと思いました。

でもって、この動画を取り上げて
安倍総理に反論してもらう・・・なんて
特集したら面白いんじゃないでしょうか?

生放送で白痴顔したサイコパス野郎の生肉プレイを
放送するより何倍もましだと思います。

ラベル:憲法 時事
posted by amleth machina at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 生存本能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月20日

な〜にが専守防衛なんだか・・・

今頃、知ったのですが
安倍総理と自民党って
もう日本や世界平和の敵だと
断じていいですね。

アメリカの2016年度国防予算が、
日本が安保法制を制定することを
前提に組まれているらしいのです。

米国内では5月時点で報道されており
公知の事実のようですね。(参考URLはこちら)

「まじ、ふざけるな」という感じです。



ラベル:憲法 時事
posted by amleth machina at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 生存本能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月18日

7月15日、自民党議員は射殺されても仕方ない立場に自らを追い込んだのだと思う

一見、過激な発言に聞こえると思いますが
純粋に法理論的な解釈談義として読んでいただければ
幸いです。

憲法の内在的な原理として
「抵抗権による超法規的な手段による憲法機能の回復」
はありえます。

要は憲法機能を停止するような国家権力に対して
国民側に法的な対抗措置がなかった場合、
国民が国家権力に超法規的な手段で訴えることを
立憲主義は根本原理として認めているということです。

ドイツ基本法ではこの抵抗権が明文化されているそうです。
全権委任法のような法案を出すヒットラーのような政治家
が現れれば、射殺しても抵抗権による行為である限り罪には
問われないということです。日本では明文化されていない
とは言え、基本原則として抵抗権が担保されていると
考えるのは合理です。

このことは何を意味するかというと
国家権力が憲法機能を停止しようとしていることを示す
外形的要件を満たす行為がなされた場合、
抵抗権に基づく国民によるいかなる制裁行為も
合憲ということなのです。

自民党は党の公式HPで明確に憲法機能停止を条項に盛り込んだ
改憲案を提示しています。
また、昨年の段階で解釈改憲により憲法条文を無効化しています。
この時点でドイツであれば自民党員は射殺されても文句を言えません。

とはいえ、7月14日以前は単に歴史修正主義、ファシズム政党な
自民党の考えにすぎませんでした。まだ、明確に違憲犯罪としての
実体はなかったと強弁することは可能でした。

しかし、7月15日に安保法案という違憲立法を通して、
憲法機能を停止することを宣言した以上、もはや安倍総理を筆頭に
全自民党は国民に対して宣戦布告をしたことと等価なのです。

しかも自公の衆議院議席数の問題もあり、国民が法的に憲法機能を
回復する手段もありません。

つまり、代替手段がない以上、
「超法規的手段による自民党からの憲法奪還」
は憲法上認められたオプションであり、
その結果が自民党員の虐殺であったとしても
自民党の党是が憲法機能の停止にある以上
仕方のないことだと結論するのです。

*

本エントリの主旨はもちろん「安倍総理や自民党員を吊るせ」と
言うことではありません。
基本的にはデモなどの抗議行動による平和的手段で解決するべきです。

しかし、国民からの声に耳を貸すつもりはまったくない。
憲法機能を好き勝手絶頂に解釈、停止できると考えているとしたら、
憲法自身に内在する原理により制裁されても文句を言えないという
原理原則について考察してみたということです。


ラベル:憲法 時事
posted by amleth machina at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 生存本能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。