2015年12月01日

今さら「シャーリー」に・・・


今さら・・・と思われるかもしれません。
最近になって森薫の「シャーリー」に
はまってます。

ビクトリアンなメイドということで
時代背景を踏まえた重い話かと
勘違いしていました。

読んでみると、まったくそんなことはなく、
自分のなかでは、高野文子の「るきさん」に
近いイメージとして整理しています。

キャラ設計も作者本人の人柄のよさみたいな
ものが感じられ、すごく好感がもてます。

と言うわけで、黒髪ショートカット、あえて
通ウケの眼鏡なしメイドを連投しています。

*

「落書き:どこまでいけばお茶の時間」
20151124_maid_010_S.JPG
アントニイ・バージェスは関係ないです。

「落書き:お掃除の時間」
20151130_maid_011_S.JPG

「対話」
20151126_fishtalker_010_S.JPG
銅筆(0.7mm)です。

「精霊は夜舞う」
20151130_nightflyer_010_S.JPG
銀筆(2.0mm)です。


posted by amleth machina at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月24日

魚と眠る

ずっとむかしになくしてしまった
山田章博の「人魚変生」を
以前から買い直そうと思っていました。
最近、幻冬舎から新装再発されていたものを
いいタイミングで見つけ再購入しました。

山田章博は「夢の博物誌」以前の作品は
好きだったのですが、以降の作品は
なにかが違う気がして興味が持てません。

「人魚変生」に収録された最初期の作品は
描線がまだ未整理というか練れていなかったり
するのですが、作者のやりたい大正浪漫風
というか怪異幻想趣味な感覚が素直に出ていて
ものすごく好きです。

さて、pixivに4枚ほどの小作品「魚と眠る」を
投稿したのですが、「人魚変生」みたいなことを
やってみたかった・・・というのが最初のモチーフ
でした。

*

「魚と眠る」
20151123_sleepswiththefishes000_S.JPG
("Sleeps with the fishes")

技法的には銅筆(0.7mm)と
GIMPによるフォトマニピュレーションの
組み合わせです。

「人魚変生」のモチーフだけでは、
ぴくりとも動きませんでした。
ところがAnd Also The Treesの
"Anchoryard"を思い出して、
聴き直したら、突然動き出したのです。

BGMは手許にあるAnd Also The Treesの音源を
総動員。あとcureの"starring at the sea"、
gothicaの1stだったりするところが
わかり易い選曲というか、なんというか・・・。

ところで、投稿した後で誤植に気づいたの
ですが、後の祭り。ちょっとどうしようか
悩んでます。

*

ところで、こういった時期は不思議と
読み直そうと思った「熾火」やら
「オーランドー」、「敵は海賊・海賊版」が
入った古本屋で見つかるのですね。

選択的記憶と言えば、それまでなのですが。

ラベル:漫画 ゴシック
posted by amleth machina at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月16日

いろいろと迷走中

pixivに投稿した作品の覚書です。
銅筆(メタルポイント)で遊んだり、
ベクタライズしてたりします。

*

「リヴァイアタンの夜」
20151114_leviathan_010_S.JPG

銅筆です。

絵柄をいろいろ試している裏で
息抜きのアイデアを仕上げたものです。

ちょっとマンディアルグの
「ロドギューヌ」を読んでから
「魚」というキーワードを
引き摺っているかもしれません。

「Vector Girl 8」
20151114_vectorgirl08_010_S.JPG
ベクタライズのテストです。

といいつつ、萌え系四コマ漫画の
絵柄を試しているのです。

でも、自分の中でリアリティを
感じられない絵柄はキビしいかな・・・と
思う今日このごろです。


「敵は海賊・海賊版」
20151114_kaizoku_010_S.JPG

YOGさんが
神林長平の「敵は海賊」を
描いてるのを見て
発作的にやってみました。
ちょっとペーパーバックっぽい感じに
なればいいかなと思いながら。

自分はシリーズ化される前の
短編版「敵は海賊」と
ファンタジー風の趣さえある
変則スペースオペラな感触が愉しい
「敵は海賊・海賊版」が好きです。

あ・・・、
雪風との饗宴がうれしい短編
「被書空間」も忘れてはいけませんね。

イメージ的にはアニメ版
「敵は海賊・猫たちの饗宴」を
ソースにラテルを80年代っぽい
デザインを狙って好き勝手にいじってます。
ちなみに自分的にラジェンドラは
真っ黒なのですが色設計の関係上
中途半端なグレーとなっております。

アニメのサントラは
エア・パビリオンが中心になって
NWOBHM人脈によるセッション状態という
デタラメなところがすごく好きでした。
NWOBHMはそもそも好きではないのですが、
こういった形で参加ミュージシャンが
楽しげにしているのを聴くと、
こちらまで楽しくなってしまうのです。

現在、人に貸したままで手許にないので、
代わりにサトリアーニの
"Guitar Killer"(ブート盤)、
レーサーXの1st、
FuzzBoxの"BIG BANG"を
聴きながら作業してました。


「種子は無垢」
20151115_seedofperversity_010_S.JPG

銅筆(0.7mm)です。

BGMはCRANESの初期シングルと
マキシ盤"SELF-NON-SELF"です。
いわゆるネオサイケの延長線上にある
ゴシック感バリバリのインストウルメンタルと
ロリータヴォイスの組み合わせは癖になるのです。
posted by amleth machina at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月09日

引き続き、銅筆(メタルポイント)で遊んでいます

pixivに投稿した作品の覚書です。
引き続き、銅筆(メタルポイント)で遊んでいます。

*

「Vector Girl 7」
20151108_vectorgirl07_010_S.JPG

ベクタライズのテストです。

毎度、突発的に描いてます。
ベクタライズと言いつつ絵柄を
試している・・・というのが
正直なところかもしれません。


「冷たい魚」
20151108_coldfish_010_S.JPG

銅筆(0.7mm)です。

やはり銀か銅の違いというより
2mmと0.7mmの違いの方が大きい気がします。
ちょっと0.7mmだと線が神経質になるのかも
しれません。

何気に荒俣 宏「別世界通信」を読んでたら
マンディアルグの「ロドギューヌ」に
触れていたので「燠火」を読んでます。

本作は「ロドギューヌ」のイメージが念頭に
あったのですが、諸処の理由で牡羊要素を
バッサリ落としてます。

「黒い美術館」収録の「牡羊の血」といい
マンディアルグにとって「牡羊」って
性的なオブセッションなのかな・・・
などと思いながら、「黒い美術館」も
読み返してます。

posted by amleth machina at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月04日

銅筆(メタルポイント)も手を出しました

ここ二週間ほどに、
pixivに投稿した作品の覚書です。

あ・・・
試しに銅筆(メタルポイント)に手を出してみました。

*

「ちょっと描きかたを変えてみた」
20151025_deformeptrn_010_S.JPG
ちょっと試しにデフォルメパターンを変えてみたのですが
意外と代わり映えしませんでした。

「雑談:「レンズマン」劇場アニメ版について」
20151031_galacticpatrol_01_S.JPG

20151031_galacticpatrol_02_S.JPG

紅い狐さんのコメント欄が「レンズマン」のアニメ版を
引鉄にミョーな雰囲気になってしまったのです。

で、問題の「レンズマン」劇場アニメ版を総括してみようと
いう試みでした。

「下町ウォーカー」
20151031_shitamachiwalker_01_010_S.JPG

20151031_shitamachiwalker_02_010_S.JPG

紅い狐さんの「むせるロボ」を見ていて
突発的に描いてみました。

工事現場でフツーに使われている
ウォーカーマシンというイメージで
でっちあげています。

ちょっとラフを作っていたら、
かっこよくないフツーの人が
かっこよくないロボットを操って
泥臭く這いずり回って
でも、すごくかっこいい話って
できないのかな・・・と
ふと思ってしまいました。

ボトムズのスコタコみたいな使い方で
ヒーローとしてのロボットではなくて
建機としてのロボットを操ってみせるのも
面白いんじゃないかなあ。

「落書き:こんなイメージだったらできそうかな?」
20151101_shitamachiwalkersketch_010_S.JPG

先の「下町ウォーカー」のイメージを基に
ちょっと妄想していたのですが、
「アクションっぽい意匠だったら、ちょっとできそうかな?」
という余計なことを考えてしまいました。


「moonglow」
20151031_sketch_010_S.JPG

銀筆によるスケッチです。


「戯れ描き:恋するドラゴン」
20151101_dragoninlove_010_S.JPG

試しにやってみた銅筆です。

近所のホームセンターで0.7mmの銅線と
製図用の0.7mmのシャープペンを買ってきて
アクリルジェッソの下地の上に描いたものです。

使い勝手が銀筆と変わった印象はありません。
強いて言えば、銀筆は2mmのものを使っているので
鉛筆からシャープペンシルに持ち替えた感じが違う点、
気候が原因かもしれませんが銀筆ほど硫化しない点ですね。

もうすこし時間が経過したら緑がかった色に
変色するんじゃないかと、ちょっと期待しています。

イメージ的には
ケイト・ブッシュの「Hounds of love」です。
BGMはAll About Eveでしたけど・・・。


「銅幻想:twins」
20151103_twins_00_010_S.JPG

0.7mmの銅筆だとシャープペンと
同じように使えるかな?
・・・と思い、漫画のフォーマットで
試してみました。

テキストをつけてみようとも
思ったのですが、余計かな・・・?

結局、テキストはつけませんでした。

*

8枚ほどの漫画(?)が進行中なのですが、
気持ち的にちょっと手間取ってます。




posted by amleth machina at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月19日

ミリペン作画のベクター化

ここのところ個人的なテーマは
ミリペン作画のベクター化なのです。

で・・・pixivに投稿した作品の覚書です。

*

「Vector Girl6:kimono girl」
20151013_kimonogirl_010_S.JPG

ベクタライズのテストで
何作か作ってみたのですが
ちょっと和装でエッチくさいものを
やってみたかったのです。

アップするにははばかれるスケッチを
山ほど描いてから手をつけました。


「月見猫」
20151015_tsukimi_010_S.JPG

最近、作っていたスケッチの
キャラクターでベクター化の手順を
試してみました。

アニメ塗りっぽすぎるかと思い、
テクスチャーをオーバーレイしてます。

「紅葉狩り」
20151017_momijihunting_010_S.JPG

着物の色設計について、抽斗が少ないので
つい赤を基調にしてしまいます。
で、ちょっと青系の色設計をしてみたくて
背景を紅葉にして、気持ち強制的に試しました。

でも、青系で気に入った柄物がイメージできず
緑系に走ってしまったのです。

また、青系の柄物でリベンジしたいと思ってます。

「魔奏」
20151018_malediction_010_S.JPG

pixivでフォローしている方の最新作に
刺激されていじっていたイメージです。

最初はマスケット銃をかかえたイメージで
ネタ出ししていました。でも、いじればいじるほど
絵柄との整合性がなくなってしまったのです。

で・・・結局、弦楽器にフォーカスして
再構成したところチェンバーロックなイメージで
本イメージと相成りました。

銀筆です。

BGMはArt Zoydの"Nosferatu"。

posted by amleth machina at 01:59| Comment(0) | TrackBack(0) | memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月12日

Win Topoを試してみた


先日、ベクターツールのWin Topoが
線の中心線を抽出するアルゴリズムを
使っていると知り、試してみました。

*

自分はアナログで作画をしています。
アナログの線が好きなのですが
たま〜にデジタル系の無表情な描線を
使いたくなることがあります。

ドロー系ソフトを使うことで
そのあたりを巧く処理できないかと
思っているのです。でも、スキャン
しただけのラスタデータでは線自体を
直接加工できません。

そのためベクタライズを試しているのですが
ラスタデータをトレースした場合、
描線をアウトラインとしてデータ化してしまいます。
要は描線も細長い面として解釈してその輪郭を
ベクターデータとするのです。

自分がやりたいことは手書き描線の
細かい揺らぎを「パスの簡略化」で
減らし、無表情な整った線にすることです。

ところがアウトライン化された描線を
簡略化すると単に描線のエッジが甘くなる
だけでもったりした線になってしまうのです。

そのため、線の中心線を抽出するツールを
探していたのです。

*

で、結論から言ってしまえば、
Win Topoは期待していた以上に使えそうです。

基本的には以下の手順で試しています。

(1)ミリペン作画をスキャン
(2)GIMPのトーンカーブとコントラストで描線を強調
(3)データを白黒に2値化
(4)Win Topoでベクター化(emf書き出し)
(5)InkScapeによるパスの簡略化(png書き出し)
(6)pngの書き出し結果を白黒に2値化
(7)ペイントツールによるバケツ塗り
(8)彩色した画像にpngの描線をオーバーレイ

この手順で割とカチ〜っとした線に仕上がるのと
ミリペンの作画がクリーンアップされた仕上がりに
なるので線画の出来がそのままデジ塗りの出来に
なる印象です。

*

とは言え、難点も幾つかあります。

Win Topoのパス抽出アルゴリズムで
生成したベクターデータは線画の描線に
アクセントがつけられません。

そのため、いったんラスターデータ化してから
Inkscapeの「パスのトレース」機能で
アウトライン化してみようと思ったのです。

ところがベクターデータを活かそうと
処理したラスタデータを喰わせると、
アウトライン化せずに
ほとんど元のベクターデータのまま
吐き出すのです。

なので描線にこだわるのであれば
もう少し、手順を工夫する必要があります。

以下、pixivに投稿した作品について
メモしていきます。

*

「いばらのこころ」
20151003_theheartofthebriarrose_010_S.JPG
これは銀筆です

「戯れ描き:月下の魔女」

20151008_witch_010_S.JPG

ハロウィン対応で突発的にやってみました。
これも銀筆です。


*

以下が、ミリペン作画ベクター化のテストです。

「Vector Girl2」

20151008_vectorgirl02_010_S.JPG

もともとベクター化のテストは
最近の絵柄への自分なりのアプローチという
コンテキストから出てきたものです。

まずは、そのコンテキストに忠実に
やってみました。

絵柄次第で、ちょっと使えそうな気がしてます。



「Vector Girl3:魔女月」

20151010_moonwitch_011_S.JPG

ハロウィン気分です。
色指定はそれっぽくベタにやってみました。


「Vector Girl4:狼アリス」

20151010_alicewolfen_010_S.JPG

テクニカルなことをのぞけば
いつものパターンです。

アンジェラ・カーター気分が入ってます。


「Vector Girl5」

20151010_schoolgirl_010_S.JPG

「Vector Girl2」の延長です。

デフォルメのパターンが
もう少し練れるといいのですが・・・。

posted by amleth machina at 02:51| Comment(0) | TrackBack(0) | memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月28日

星の葬列

コンパクトな物語のネタ出しをしているのですが
「こんなのどうだろう?」と思ってたネタだと
背景の説明に手間がかかりそうで、コンパクトに
まとまらなそうな予感。

ネタ出しは最初からやり直しかも・・・。

*

「落書き:ネタ出し」

20150927_sketch01_010_S.JPG
20150927_sketch02_010_S.JPG
20150927_sketch03_010_S.JPG

ネタ出し中の産物です。

1枚目は家猫のバリエーション、
ボールペンです。
2、3枚目はネタ出し中のスケッチ、
銀筆です。


「星の葬列」
20150927_angels_010_S.JPG

銀筆です。





posted by amleth machina at 01:35| Comment(0) | TrackBack(0) | memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月24日

波の運動

最近、思ったことや手を動かした結果を
整理してテキストにおこすのが
追いつかなくて放置気味になってしまいました。

一番大きかったことはグリム童話の初版と
最終版(第七版)の間に削除されたり改変されたり
した部分について調べたり、その延長でペロー
童話やアンジェラ・カーター、タニス・リーを
読み直して、確認作業をしていたことです。
といっても翻訳で入手できる範囲なのですが・・・。
ちょっと、この結果を踏まえた漫画作品のネタが
いくつかあるのです。

もう一つが、絵柄や描く内容のバリエーションに
ついて、思うところがあり試行錯誤していたのです。
ところが、ほとんど迷走状態になってしまい、
テキストをおこすのが億劫になってたのです。

手だけは動いていたので、pixivにはコンスタントに
アップしてました。でも、自分の中で言語化して
整理する余裕がないのはいかがなものか・・・と
ちょっと思っている次第です。

以下、pixivに投稿した直近の作品からです。

*

「クシエル:変奏」
20150915_kushiel_010_S.JPG

「クシエルの矢〈1〉八天使の王国」の
ジャケット画の構図をそのままです。

たまたまbook-offで見かけて
キーワードがあまりに気になって
購入しました。

この連休中に3巻まとめ読みをしようと
思ったのですが、内容が原因なのか
訳文との相性が悪いのか、
なかなか読み進めないでいます。


「波の運動」
20150923_flowmotion_010S.JPG

この連休中、迷走中だったのですが
いただいたコメントでちょっと気持ち的に
楽になったのです。

でもって、すっと仕上がったものです。

あ、どちらも銀筆です。
posted by amleth machina at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月16日

Judgement Day


pixivに短編漫画をアップしました。

「Judgement Day」
20150811_comingsoon_010.JPG
「Judgement Day」を読む

「キャプテン・フューチャー」のような
チームものスペースオペラを
ワイド・スクリーン・バロックっぽい世界観で
やってみたいなと思ったのが発端です。

「キャプテン・ケネディ」を
知っている人なら一撃でわかると思いますが、
チーム設計はそのままです。
あ、教授だけはジェイムスン教授ノリですね。

作業中のBGMは
Sci-Fi TVドラマのサントラ集、
MECOのベスト盤、
アニメ「HeavyMetal」のサントラです。

ラベル:漫画 SF
posted by amleth machina at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。