2015年07月18日

7月15日、自民党議員は射殺されても仕方ない立場に自らを追い込んだのだと思う

一見、過激な発言に聞こえると思いますが
純粋に法理論的な解釈談義として読んでいただければ
幸いです。

憲法の内在的な原理として
「抵抗権による超法規的な手段による憲法機能の回復」
はありえます。

要は憲法機能を停止するような国家権力に対して
国民側に法的な対抗措置がなかった場合、
国民が国家権力に超法規的な手段で訴えることを
立憲主義は根本原理として認めているということです。

ドイツ基本法ではこの抵抗権が明文化されているそうです。
全権委任法のような法案を出すヒットラーのような政治家
が現れれば、射殺しても抵抗権による行為である限り罪には
問われないということです。日本では明文化されていない
とは言え、基本原則として抵抗権が担保されていると
考えるのは合理です。

このことは何を意味するかというと
国家権力が憲法機能を停止しようとしていることを示す
外形的要件を満たす行為がなされた場合、
抵抗権に基づく国民によるいかなる制裁行為も
合憲ということなのです。

自民党は党の公式HPで明確に憲法機能停止を条項に盛り込んだ
改憲案を提示しています。
また、昨年の段階で解釈改憲により憲法条文を無効化しています。
この時点でドイツであれば自民党員は射殺されても文句を言えません。

とはいえ、7月14日以前は単に歴史修正主義、ファシズム政党な
自民党の考えにすぎませんでした。まだ、明確に違憲犯罪としての
実体はなかったと強弁することは可能でした。

しかし、7月15日に安保法案という違憲立法を通して、
憲法機能を停止することを宣言した以上、もはや安倍総理を筆頭に
全自民党は国民に対して宣戦布告をしたことと等価なのです。

しかも自公の衆議院議席数の問題もあり、国民が法的に憲法機能を
回復する手段もありません。

つまり、代替手段がない以上、
「超法規的手段による自民党からの憲法奪還」
は憲法上認められたオプションであり、
その結果が自民党員の虐殺であったとしても
自民党の党是が憲法機能の停止にある以上
仕方のないことだと結論するのです。

*

本エントリの主旨はもちろん「安倍総理や自民党員を吊るせ」と
言うことではありません。
基本的にはデモなどの抗議行動による平和的手段で解決するべきです。

しかし、国民からの声に耳を貸すつもりはまったくない。
憲法機能を好き勝手絶頂に解釈、停止できると考えているとしたら、
憲法自身に内在する原理により制裁されても文句を言えないという
原理原則について考察してみたということです。


タグ:憲法 時事
posted by amleth machina at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 生存本能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月17日

house cat, cat house


本日は会社が休みだったので
普段やらないことを意識的に
やってみました。

きっかけというほどでもないのですが
pixivでいただいたコメントが
すっごく嬉しいコメントだったのですが
その一方で、もうちょっとだけフツ〜の線に
歩み寄った方がいいのかな・・・とも
思ってしまったのです。

そこでpixiv絵師のコードに近い作品が
できないかと突発的に思い
試してみたりしたのです。

*

「家猫」
20150716_housecat_010_S.JPG
pixivに投稿したものです。

絵柄とデジ塗りの試験です。

pixivで見かけた絵師さんの
今時風の絵柄に対して、
デフォルメや描線のバランス、
手順がこんな感じならできるかな・・・と
自分なりに解決方法が
見つかった気がすると
つい試してしまうのです。

とはいえ、頭で考えるのと
手を動かすのとでは大違いです。
中途半端な仕上がりになって
しまったような気がします。

ちょっとエッチくさい
けも耳キャラという
雰囲気になっていたら幸いです。


「chemical wedding」

20150716_cathouse_010_S.JPG

pixivに投稿したものです。

「家猫」
→「hause cat」
→「cat house」
という連想で書き始めました。

でも「cat house」だと
あまりに不穏な気がしたので
同題の曲を収録した
ダニエル・ダックスのアルバム
「chemical wedding」
のタイトルの方を採用しました。

なにより、
作業中のBGMがこれだったので・・・。

ちょっと映画「プリティ・ベイビー」と
恋月姫のイメージを念頭に置きながら
描いてます。

銀筆です。


"chemical wedding"

20150716_cathouse_011_S.JPG

deviantArt投稿版です。
(silver point drawing and multiple exposure)


posted by amleth machina at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月14日

「【あかりちゃん】ヒゲの隊長に教えてあげてみた」について

遅ればせながら、
話題の動画「【あかりちゃん】ヒゲの隊長に教えてあげてみた」について
感想を・・・。

これは某自民党のプロパガンダ動画「教えてヒゲの隊長」の
パロディなのですが、本質ついていて無茶苦茶面白いのです。

安保法制に対する問題点をほとんど救い上げていて
なおかつ説明にもなっていない自民党の言い分を
完膚なきまでに論破しているのです。

これ見た後で自民党の動画を見ると、頭の悪さが際立ち
いかに自民党が独裁政党で戦前の大日本帝国を復活させたいのかが
はっきりとわかります。

「政治なんて興味ないよ」なんて人も、これは一見の価値ありです。
今、日本の中枢で何が起きているのか理解できます、ふんとに・・・。

posted by amleth machina at 01:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 意見には個人差があります・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月13日

恐怖!暗黒星域と邪神覚醒

「落書き:恐怖!暗黒星域と邪神覚醒」
20150712_spaceghostship_010_S.JPG20150712_sketch01_010_S.JPG20150712_sketch02_010_S.JPG20150712_sketch03_010_S.JPG20150712_sketch04_010_S.JPG

思いつきのスペオペネタです。

紅の狐さんのとこにコメントしたことから
ずるずる思いついたネタなのです。

1枚めはクトウルフ+伝導ヅタ+アンドレ・ノートン+ギャラクシーナ。
タイトルに「恐怖」とか「決戦」「脅威」なんてつけるとB級スペオペ感
満載な気分になるのは野田昌宏の影響ですね・・・。
2枚めは早川SF文庫での松本零士イラストの今日的な展開を狙ったもの。
3枚めは「スタークラッシュ」のステラ・スターの愛機をオリジナル・アレンジしたもの。
4枚めは中継ステーションでの赤毛のアンのイメージ。
5枚めは捻りのない旅客宇宙船のイメージです。

「戯れ描き:猫の女王」
20150712_queenofcat_010_S.JPG

勘のいい人は気づいていると思われます。
レオノール・フィニが大好きです。

言うまでもなく猫派です。

「森に酔う」
20150712_forest_010_S.JPG

DeviantArt投稿版の未加工バージョンです。
毎度の銀筆です。


"forest"
20150712_forest_011_S.JPG

silver point drawing and multiple exposure

*

スペオペ気分の時のBGMはMECOかブーツイー・コリンズです。
実はPファンク、パーラメントが大好きなのです。

スペーシーな気分全開の時ってブーツイーなのです・・・
なんて思っているのです。
posted by amleth machina at 02:49| Comment(0) | TrackBack(0) | memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月11日

スペオペ 2題

「スペオペっぽいもの」
20150705_spaceoperaesque_010_S.JPG

先週末の後片付けです。

フツーの女子高生を
ミリペン作画して
印刷工程での色指定で
処理したみたいなものを
描くつもりでした。

でも途中で「バーバレラ」っぽい
イメージが混入して、おまけに
「ギャラクシーナ」成分まで
入ってしまい、収集がつかなくなって
しまいました。

我ながら計画性がありませんね。


「侵略の惑星」
20150710_splinterofmindseye_010_S.JPG

紅い狐さんのとこで
コメントした内容からの思いつきです。

「バーバレラ」と「スタークラッシュ」から
臆面もなくイメージを拝借してみました。

おまけにつけたタイトルがアレだという・・・。


「魔女めく夜」
20150710_witchlike_010_S.JPG

いつものパターンです。
posted by amleth machina at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月06日

ねこの星:いのり星

「ねこの星:いのり星」
20150705_planetofcat_010_010_S.JPG

突発的な思いつきで始めたものです。

もともとはアクリル絵の具の
厚塗り風に仕上げようと始めました。

でも仮塗りした段階で、
シンプルに仕上げた方が
可愛い感じになるんじゃないか
・・・と方針転換しました。

ちょっと、
古めかしいファンシーグッズっぽい
センスに仕上がったかな・・・と
本人的には気に入ってます。


posted by amleth machina at 02:26| Comment(0) | TrackBack(0) | memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

死と乙女

「死と乙女」
20150705_deathandmaiden_010_S.JPG

pixivへの投稿版です。

主題的には
「死せる王女のためのパヴァーヌ」の変奏です。

銀筆によるドローイングをスキャン後
色調整をしてトリミングしたものです。

最近の個人的なテーマは
「銀筆をお手軽に使えないかな」
・・・です。

少しプレパレーションを変えてます。

前回まではFAX用紙にパレットナイフで
ジェッソを粗く塗りつけるやり方でした。

今回は薄く溶いたジェッソを
FAX用紙に一回塗っただけの状態です。

普通は薄く溶いたジェッソを
数回に分けて塗り、
むらがないよう下地を作ります。

でも今回は一回だけの塗りで
銀筆が描けるかどうかの確認でした。

表面の凸凹が少なく
普通にドローイングできるので
今後は今回のやり方で作業しようかと
思ってます。


「Der Tod und das Mädchen」
20150705_deathandmaiden_011_S.JPG

DeviantArt投稿版です。

「死と乙女」の加工版です。


posted by amleth machina at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月05日

死せる王女のためのパヴァーヌ

deviantArt、pixivへの投稿の覚書です

*
「死せる王女のためのパヴァーヌ」
20150704_pavane_011_S.JPG

「Pavane pour une infante defunte」
20150704_pavane_010_S.JPG

もともとのキーワードは「死と乙女」だったのですが
「死の天使」いうキーワードで再構成したところ
マーヴィン・ピークの”Ancient Salor”の風味が
入ってしまいました。

要は先日、購入した
「イギリス怪談集」の装丁の
マーヴィン・ピークの影響ということです。

posted by amleth machina at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月02日

「Die Spiralige Burgruine」

イギリス怪談集 (河出文庫)


表紙のマーヴィン・ピークのイラストで即買いでした。
なによりヴァーノン・リーの短編も収録されていたので・・・。

*

pixivの投稿の覚書です。

「Die Spiralige Burgruine」
20150701_DieSpiraligeBurgruine_010_S.JPG

皆川博子の「死の泉」に想を得て
銀筆です

ほんとうならマルガリーテとモニカがいるはずなのですが
あまりに説明的になってしまうのでレナとアリツェのイメージ
です。



posted by amleth machina at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月29日

「聖母哀傷」を聴きながら・・・


pixivへの投稿の覚書です。

「Opheliac」
20150628_gothiclolita_010_S.JPG

エミリー・オータムのイメージで
でっちあげたスケッチです。


「「聖母哀傷」を聴きながら・・・」
20150628_stabatmater_010_S.JPG

銀筆をもっとお手軽に使えないかなと思いながら
作ったスケッチです。

ただプレパレーションした用紙を
あらかじめ準備しなければいけないし、
修正が効かないので
つい心理的なハードルが上がってしまいます。

プレパレーションしなくても銀筆がのる
安い用紙があるとベストなのですが、
そんな上手い話はありません。
ボールペンでらくがき帳に書きなぐるくらい
お気軽に使える環境を作れないものかな・・・と
思ってます。


*

引き続き、ペルゴレージの「スターバト・マーテル」が
マイブームです。あと、モンテベルディ・・・ですね。


posted by amleth machina at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。